So-net無料ブログ作成
検索選択

2007年02月14日 バレンタインチョコの初体験は・・・ [日常(思い出話)]

2007年02月14日 バレンタインチョコの初体験は・・・
2月14日(水) 雨 東京 13.0度 湿度 82%(15時)

9時、起床。

シャワーを浴びて、髪をポニーテールに結ぶ。
朝食は、りんごパイ。

朝から久しぶりの本格的な雨。
郵便局に寄って、採点表を配達記録で郵送。

午前中、講義。

昼食は、回転寿司(7皿)。
ちと食べすぎた感じ。

学芸大学駅にもどって、コーヒー休憩。

13時半、仕事場に戻る。
メールチェックの後、『ニューハーフ倶楽部」の連載エッセーのゲラをチェック。

今日も身体がだるい。
昨日と同様、16~18時、2時間ほど夕寝。

12月中旬にはじめたMixiでいろいろ見ているうちに、昔の仲間を4人ほど発見。
マイミクのお願いメールを出す。

Mixi、最初は、着物関係限定で、「おばちゃん」のふりをしてようと思っていた。
でも、やっぱり昔の知り合いの動静が気になり、覗き見しているうちに「足跡」を残してしまい、文字通り足がついてしまった。

ということで、現在のマイミクのリストは、着物関係と女装関係が混在。
まあ、両方とも世の中の標準からすれば「怪しい人」だから、いいか。
って、その両方を兼ねている私が一番怪しいのか・・・・。

20時半、帰宅。

夕食は、父親が送ってくれた手製チャーシュー。
パートナーが買ってきた牡蠣フライ。
お豆腐と下仁田ねぎのお味噌汁を作る。

風呂に入り、髪を洗う。

ところで、今日は、バレンタインデー。
チョコをもらう立場からあげる立場になった話は、昨年書いたので、繰り返さない。
「見せチョコの思い出」
http://plaza.rakuten.co.jp/junko23/diary/200602140001/

ふと、最初にチョコをもらったのはいつだったろうと、考える。
中学校時代には、そういう風習は(少なくとも田舎には)まだ広まっていなかった。
高校時代も、チョコで騒いだ覚えがない。
つらつら思い出すと、浪人時代に付き合っていたガールフレンド(田舎の中学時代の同級生)からもらったのが最初のような気がする。
金色の紙に包まれたハート型チョコだったような・・・・(当時は、そんなに種類がなかったはず)。

彼女、どうしているかな。
絵が上手な娘で、東京の美大に進学したはず。
お互いぜんぜん違う分野の大学に進んで、自然消滅しちゃったので、その後の消息を知らない。
元気で幸せならば、もう孫がいるかも。

そうすると、私のバレンタインチョコの初体験は、1975年ころということになる。
バレンタインデーが大騒ぎになるのは1980年代、という私の説(昨年の「日記」)からすると、意外と早いなぁ・・・・。

夜中、「日記」を書く。

浅田次郎『憑神(つきがみ)』(新潮社 2005年9月)を読み始める。

就寝、4時半。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0