So-net無料ブログ作成
検索選択

2008年10月08日 物理は苦手だったなぁ [日常(思い出話)]

2008年10月08日 物理は苦手だったなぁ
10月8日(水) 雨のち曇り 東京 20.5度 湿度 85%(15時)

明け方、激しい雨音で、目が覚める。
ああ、寝てしまった・・・。
それにしてもよく降るなぁ(降水量51.0mm)。

5時半、起床。

シャワーを浴びて、身体と髪を洗う。

ノーベル物理学賞のことを「日記」に書く(別掲)。

高校時代の私、理科4教科の中で、お家芸(ずっと学年トップ)の地学、理系に伍して学年トップを競った化学、子供の頃から好きだった生物に比べて、物理はいちばん苦手だった。
というか、興味がわかなかった。
成績は、ずっと6~7(10点法)だったと思う。
これではまずいと思い、3年生2学期の期末試験だけ、特訓勉強して100点を取り、やっと8に引き上げた思い出がある。

だから、正直、よくわかなない。
それだけに、髪と鉛筆で宇宙の本質に迫る偉大な思考を為した先生たちを、素直に尊敬してしまう。

9時、化粧と身支度。

Vネックの黒のプルオーバー(7分袖)、黒のブーツカットパンツ、黒網の膝下ストッキング、黒のショートブーツ、黒のトートバッグ

午前中、講義。

昼食は、いつものように回転寿司(6皿)。

13時半、仕事場に戻る。

溜まった新聞を読みながら、宅急便の配達を待つ。

めずらしく、佐川がペリカンに先着。

郵便局に出かけて、小包を受け取る。
中身は、講談社選書メチヘの『性欲の文化史1』(別掲)。
私は「女装男娼のテクニックとセクシュアリティ」を執筆。

帯に藤色白抜きで、大きく「魏志倭人伝から女装男娼まで そそられる社会史」とある。
「男娼」という文字が、こんな大きな活字になったの、久しぶりではないだろうか?(苦笑)

18時半、自宅最寄駅前の「ドトール」で、仕事帰りのパートナーと待ち合わせ。
お茶と買い物をした後、いっしょに帰る。

19時半、帰宅。

夕食は、鶏のスパイス焼き、温かいお豆腐。
なめこと三つ葉のお味噌汁を作る。。
それと、いなだのお刺身。

巨人vs阪神の最終決戦、3-1で巨人が快勝。

ついについに、141試合目で今シーズン初の単独首位!
これで、優勝マジック2が点灯(残り3試合だけど)。
13ゲームの大差を追いついただけじゃなく、とうとうひっくり返しちゃった(別掲)。

夜のニュース
アメリカのウッズホール海洋生物学研究所の元・上席研究員下村脩さん(80)がノーベル化学賞を受賞。
オワンクラゲの発光の仕組みを研究し、緑色蛍光たんぱく質を分離、構造を解明した業績。

これで、今年は日本人4氏がノーベル賞を受賞する大当たり年に。
でも、この方も典型的な頭脳の海外流出なのだよね。

お風呂に入って、髪を洗う。

寝支度しているパートナーが、いきなり「あっ!忘れてた!」と言う。
なにかと思ったら「結婚記念日」
そうだった。私も忘れてた、10月4日・・・・。
もう4日も前じゃないか・・・。
ん?そもそもその日は出張で家にいなかったな。

「で、何回目だっけ?」
「22回目にゃ」
「それはちゃんと覚えてるのね」
「にゃ」

まあ、お互い忘れてたので、トラブルはなし。

夜中、明日の講義のレジュメを作る。

その後、溜まっている事務処理。
諸方にメールのお返事を書く。

就寝、5時。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0