So-net無料ブログ作成
検索選択

2011年09月05日 野生キノコは大好物だけど・・・ [仮置き(引用のため)]

2011年09月05日 野生キノコは大好物だけど・・・ [ 福島原発事故関連 ]

9月5日(月)

棚倉町も古殿町も福島第一原発からは50km以上離れていて、空間放射線量も周囲に比べて多くない。
それでも、国の定めた規制値の56倍という、とんでもない値・・・。

キノコが生えるような山間部は、平地に比べて放射性降下物が多量に降下しているのは間違いないにしても、降ってきた物を被ったにしては、どうも野生キノコの汚染濃度が高すぎる。

お茶の葉と同様に、キノコ自体に、腐葉土などから放射性物質をたくさん取り込み濃縮化するシステムがあるのではないだろう。

野生のキノコは大好物だけど、少なくとも南東北&北関東産は、控えた方が無難かもしれない。

--------------------------------------------------

放射性物質:野生キノコの一部出荷停止へ 福島県の2町

福島県棚倉町と古殿町のチチタケから高濃度の放射性セシウムが検出されたことを受け、政府は5日、原子力災害対策特別措置法に基づき、2町の野生キノコの一部を出荷停止とする方針を固めた。近く原子力災害対策本部で決定する。

出荷停止対象は両町の菌根性キノコと呼ばれる品目で、チチタケのほかマツタケやホンシメジも含まれる見込み。福島県産チチタケでは8月12日、古殿町で国の暫定規制値(1キロあたり500ベクレル)を上回る3200ベクレル、棚倉町でも9月3日に2万8000ベクレルを検出している。

両町には既に県が出荷自粛などを要請しているが、野生キノコは正規ルート以外で流通し直売所などで出回る可能性がある。今後マツタケやキノコ狩りの本格シーズンを迎えることから、林野庁は県を通じて直売所などに注意喚起を求めるとともに、キノコ狩りをする人にホームページなどで「国や各都道府県のモニタリング結果や出荷制限の情報を確認してほしい」と呼び掛けている。【曽田拓】

『毎日新聞』2011年9月5日 21時7分
http://mainichi.jp/select/today/news/m20110906k0000m040089000c.html